グリース

このページについて

このページは、高森太郎がノート的に何でも書くページです。

主に勉強したこと自分が知った知識や方法などを中心に書き留めています。キーワードページであっても私が一人で独占的に書いていますので間違ったことが書いてあるかもしれません。ご承知の上ご覧ください。(メインのブログ型コンテンツはこちらから)

グリース

潤滑剤の一種。単にグリス?とも。

簡単に言うと普通のさらさらの潤滑油にいろいろな添加物を混ぜて固形にし様々な性質を持たせたものである。

単なる油と違って張り付くので、飛び散ったり油膜が切れてしまうことを防げたり、取り扱い上での等のメリットがある一方、粘度があるため抵抗が有り、この粘度は温度によってかなり性質が変わってしまうので、微少な抵抗が問題になる時(低温になると固まってくる)あるいは高温になるとき(高温になると粘度がなくなり分離を起こし性能を損なうほか、油膜切れので焼き付きなどの原因になる)は特に注意が必要である。

このほか揮発しにくいためこれ自体冷却効果などはほとんど期待できない。このため工作機器や車のような物には油が使われる。

多種多様な種類が有り、仕様温度範囲や負荷などに応じてきちんと選定する必要がある。

一般に使用温度範囲が狭い物ほどやわらかく(粘度が低く)、仕様温度範囲が広いものほど固い(粘度が高い)とか、仕様温度範囲が広いものほど特殊な添加物を使用しておりお値段が張る事になるため、仕様温度範囲が広ければいいんだろなどと適当に選定すると効率低下やコストアップの原因になったりするので注意が必要である。

* はてなダイアリーキーワード:グリース