加速度計

このページについて

このページは、高森太郎がノート的に何でも書くページです。

主に勉強したこと自分が知った知識や方法などを中心に書き留めています。キーワードページであっても私が一人で独占的に書いていますので間違ったことが書いてあるかもしれません。ご承知の上ご覧ください。(メインのブログ型コンテンツはこちらから)

加速度計

概要

文字通り「加速度」を図るためのセンサ。空間センサの一種。

物体の加速度を検出する。

加速度が検出できるということは、重力加速度も検出できるので、しばしば傾斜計的に重力方向に対する死生観出などにも使われる。

多くはジャイロと一緒に使われる。

特に航法装置では、じゃいろと組み合わせて、3方向の加速度と、3方向の各加速度と合わせて6自由度を検出することで、空間上の姿勢を測定して位置を出す。

以前は航法装置といえば航空機や船舶などに限られたが、現在はMEMS技術などにり以前より小型で安価(ただし精度はそれなり)の物が出てきているため、自動車などにも航法装置が取り付けられるようになってきており、以前は高いセンサーだったが、かなり用途が広がってきている。