引張試験

このページについて

このページは、高森太郎がノート的に何でも書くページです。

主に勉強したこと自分が知った知識や方法などを中心に書き留めています。キーワードページであっても私が一人で独占的に書いていますので間違ったことが書いてあるかもしれません。ご承知の上ご覧ください。(メインのブログ型コンテンツはこちらから)

引張試験

試験片を引っ張って得られる、伸びと荷重との関係から、材料の性質を得る試験法。

これによって得られるのが、応力線図と呼ばれる物。

引っ張って元に戻る範囲を「弾性領域」あるいは「線形領域」と呼び、それが終わる部分を弾性限度、それを少し超えたところが耐力と呼ばれる。

これによって「ヤング率」「ポアソン比」などがえられ、基本的な構造計算はできる。

なお、試験片はJISで定義されている。、