許容応力

このページについて

このページは、高森太郎がノート的に何でも書くページです。

主に勉強したこと自分が知った知識や方法などを中心に書き留めています。キーワードページであっても私が一人で独占的に書いていますので間違ったことが書いてあるかもしれません。ご承知の上ご覧ください。(メインのブログ型コンテンツはこちらから)

許容応力

許容できる応力のこと。

基本的には設定する値である。

どこの値を採用するか、安全率はいくつかで設定する。

例えば、降伏点が400MPa、安全率を5取るときは、

\frac{400}{5}=80

となる。

この時、例えば降伏点ではなく耐力を採用したり、疲労などを考慮してハンドブックから引用したりなど、様々異なる。