軸受

このページについて

このページは、高森太郎がノート的に何でも書くページです。

主に勉強したこと自分が知った知識や方法などを中心に書き留めています。キーワードページであっても私が一人で独占的に書いていますので間違ったことが書いてあるかもしれません。ご承知の上ご覧ください。(メインのブログ型コンテンツはこちらから)

軸受

概要

その名の通り、回転する部品(=軸)を受け止める機械要素である。「ベアリング」とも言われる

一般に以下の要素が求められる。

  • 軸がなめらかに回転できるように支持する
  • 軸を通しての荷重を受け止める

このほかに若干の同軸ずれ(芯ずれ)を許容したりするための軸受けもある。

種類

大きく分けて2種類に分けられる。

滑り軸受

文字通り軸の当たり面と軸との間がなめらかになっている、あるいは潤滑剤が塗布されているなどでなめらかに滑ることで受ける軸受である。

詳しくは「滑り軸受」を参照。

転がり軸受

固定側と回転側との間に転動体(ボールや円筒ころなど)が入っており、これらが転がる事によって軸を受ける軸受けである。

詳しくは「転がり軸受?を参照。