高森太郎のノート

このページについて

このページは、高森太郎がノート的に何でも書くページです。
主に勉強したこと、自分が知った知識や方法などを中心に、適当に、メモ的に、書き留めてます。

 | 

2015年11月29日 (日曜日)

Ubuntu 14.04 LTS + KVM +QEMU 上の WIn8.1をWIn10(2015年11月アップデート適用済)にしたメモ 23:36 Ubuntu 14.04 LTS + KVM +QEMU 上の WIn8.1をWIn10(2015年11月アップデート適用済)にしたメモ - 高森太郎のノート を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu 14.04 LTS + KVM +QEMU 上の WIn8.1をWIn10(2015年11月アップデート適用済)にしたメモ - 高森太郎のノート

概要

ubuntu上のKVM+QEMU上にWindows 8.1 Proをインストールして、主にリモートデスクトップやらTeamViewerやらを使って利用していたが、11月にWindows 10の最初のアップデートも終わったので、安定し始める頃かなと考えアップデートをしてみた。

が、一筋縄ではいかなかったのでメモ。

要するに

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=2289210

ここら辺を参考にさせていただいたが、要するに

  1. 最初にZFSでスナップショットをとるなどして戻せるようにしておく(一応Windows側の機能で戻せるらしいが念のため)
  2. AMD Redeon R7 250をパススルーしていたが、とりあえず外しておく
    • 実はパススルーしたまま単純に再起動するとホストも巻き込んでフリーズすると言う現象があるので
  3. KVM QEMUのCPUの設定を「Core2Duo」にする
    • これをやらないと、一回目の再起動でブルースクリーンで「SYSTEM THRED EXCEPRION NOT HANLED」という表示に再起動するとWin 8.1に戻されてしまう。(Win 8.1上のエラーは0x1900101 - 0x20017 BOT 捜査中にエラーが発生したため、インストールはSAFE_OSフェーズで失敗しました と言う表示)
  4. アップグレード実施
  5. アップグレードもう一度バックアップ(ZFS万歳!)
  6. KVM QEMUのCPUの設定を元に戻す(Win 8の頃と同じに。自分の場合はホストと同一)
    1. これをしないと、CPUの種類を見て動作を変えてるアプリケーション(Firefoxや、TMPgEncなどエンコードソフト、ゲームソフト、グラフィクス系のソフトなど)が軒並み起動に失敗、イベントログにも妙なエラーが出る状態に。戻すと何かエラーが出てしまいそうな気がするが、今のところ問題はなさげ?なのでこのまあ。
  7. ホストを1回、ゲストを2回再起動してCPU変更を認識させる
  8. GPUを再びパススルーする

と言うことでうまくいった。所要時間は他のことをしながらだったので3時間ほど。

時間がかかるがまぁ仕方が無いか。パススルー関連はともかく、CPUの設定の部分は早くデフォルトでうまく通るようになるといいなと思う。

詳しくは後で追記したい。

それからググっていた情報としては、KVM,QEMUの準仮想化を使っている場合で、Windows用ドライバが古い場合もうまくいかない事があるらしい。その場合は更新が必要。

 | 
ページの一番上へ